CATEGORY:

2018年01月14日

【救出】

「定期連絡の入る時間は遠くに過ぎているが…まだ連絡は無いのか?」

過去欠かさず連絡が入っていた、そしてこうも言っていた

『連絡が入らなければ…ヤバイと思ってください。』


って事はまさか!



予感は程なくして、確信へと変わる。


「ボス、謎の男から入電です、『お友達は預かっている』 と…」

「HRTチームに要請入れますか?」



「分かっているだろう潜入捜査は極秘任務だ、俺達でなんとかするしか…」

「腕利きの署員を招集し、直ちに救出に向かうぞ!」

GPSの途絶えた先は町はずれの倉庫、もちろんここに拘束されているとの確証は無いのだが!

他に目途がある訳じゃない、選択肢はココしかないのだ。(vv)


シナリオ⑤ 【救出】




謎の男は人質を盾にして、好き放題撃ってくる。

SWATチームも被弾しながらも追い詰めていくが…

あと一歩のところで逃がしてしまう、


人質の行方は?安否は…




scenario4 ← → scenario6













Posted by MMS typeD  at 12:47 │Comments(0)

<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。